ゴリラは取り付けやすいカーナビ

1_ato_0160_26_s2_600

 

ポータブルナビのゴリラの大きな特徴として取り付けが簡単だという点があります。

通常のカーナビだと、取り付けを自分ですると、僕の経験から具体的な例をあげると1時間〜2時間くらいはかかってしまいますが、ゴリラは30分ほどあれば完了します。

それでもそこそこかかるじゃないか。と思いましたか?

それともそんなに簡単につくのか?ですかね。

実際にゴリラのカーナビを見てもらうとわかるのですが、本体が小さいので極論を言えばどこにでも設置できちゃいます。

上の写真のようなスタンドも売っていたりするので、特にダッシュボードに取り付けるとかいう概念はありません。

というよりもその固定概念がゴリラの可能性をなくしてしまう恐れもあるとさえ、ここでは言っておきましょう。

しかしスタンダードに使用することが一番簡単ということも事実ですので、まずは普通に取り付けた場合の流れをご説明いたしましょう!

  1. ゴリラを買ってくる
  2. 箱を開ける
  3. スタンドを取り出す
  4. スタンド裏の粘着シールの保護を剥がす
  5. 設置したいところにスタンドを置く。
  6. 粘着が固定されるまで放置
  7. 固定されたら完成!

とまあ、無駄に細かく書きましたが、実際の所は「設置したいところにスタンドをはっつける」だけです。

ただ一つ注意点がありまして、スタンドをはっつけてから粘着が固定されるまではカーナビは取り付けずに放置することが大切です。

この放置時間が30分を目処にしているため作業時間が30分です。

あと、これは念のためなんですが、車から降りるときはゴリラも一緒に持って行きましょう。

車上荒らし対策になりますし、粘着が弱ってスタンドごと落ちちゃうなんてこともないとは言えません。

落ちた衝撃で画面が割れたなんてホント笑えませんし!

車上荒らしなら責める相手もいますけど、落ちて画面割れたなんて自分責めるしかないですからね。

いや、上級者なら粘着が弱いとか言っちゃうんでしょうか。。

どの道しっかりと設置した方が安定するってことは計らずとも遠からずってやつですね。

あとはシガーとかで電源とればOKですね。

一応内蔵バッテリーで電源はずしても動くので、そんなに気にする点でもないかと思ったので、取り付けの行程からは外しました。

GPSなどアンテナ類も使用の向上ということで除外。

アンテナ自体は線を内装の内側に隠すだけで、後はスタンド同様のレベルで設置できますし。

シガーの拡張やパーキングなどの改造系は自己責任でどうぞ!

数万円が30分程度の作業になると思うとお得な気分ですね。

購入を検討する際はこんなことも合わせて考えると面白いのではないかなと思います。

それではよいカーライフを!